すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    荒磯

    【横綱・白鵬、最後の優勝直後の名シーン】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/10/06(水) 11:11:18.82 ID:CAP_USER9
    毎日新聞社/アフロ 飯塚さき
    2021年10月6日 7時1分 配信

    基本の体力づくりに励む日々
    ――8月1日付で荒磯部屋を興して初めての本場所を終えました。いかがでしたか。

    「場所前はいい稽古ができていました。特に10代の3人は、いまは体づくりをしっかりして、ケガをしないように専念しています。土台を作ってから技の習得をして、それから個性を伸ばそうと考えているからです。それぞれに課題を作らせて、一人ひとりに声をかけてから場所に臨ませました」

    ――親方になってからはもう2年以上経っていますが、現役引退後から、場所を迎える心境に変化はありますか。

    「現役時代は、思い通りにやっていたので精神的にも楽でしたが、いまは思い通りにならないことも多々ありますから、親方として弟子の相撲を見るのはあまり心臓によくないですね。弟子が負けると、何が間違っていたんだろうと、その都度考えてしまうんです。でも、体づくりもまだまだ途中ですから、『目先の勝利ではなくもっと先の勝利を得るんだ』『そのために俺たちはいま頑張って苦しむんだ』『つまらないことをやり続けられる人間だけが強くなれるんだ』と、ひたすら言い聞かせています。でもね、体ができてくると、強くなってきた実感がわいて、つまらないことが面白くなってくるときがあるんですよ。弟子たちにも、そういう思いをしてほしい。だからこそ、筋力トレーニングは、キロ数などわかりやすい目標ができるという観点からも、非常にいいことだと思います」

    ――弟子には、最先端のスポーツ科学の知見なども重要だとお考えですか。

    「いま、筋トレはいいと言いましたが、結局は、四股・鉄砲・すり足・腰割りが最先端の科学なんじゃないかなと、自分のなかでは思うようになりました。そのなかに、下半身の強化や体幹動作など、すべてが集約されているんです。形をしっかり作らないと、丹田に力が入り込まない。中心軸がしっかり立つ力士は、寄る力や押す力があり、精神的にも威圧感がある。“姿勢”って、姿の勢いと書くだけあって、強い人はしっかりとした軸をもって、その勢いをバチンとぶつけてきます。自分もいろんなトレーニングをしてきましたが、最後に自分が信じてやり続けたのは基本運動でした。弟子たちにも、朝から基本運動をみっちり1時間半くらいさせていて、その上での筋力トレーニングはあっていいと思っています」

    ――何事もそうですが、相撲もやはり最後は基礎に帰ってくるんですね。

    「自分も、大ケガをして優勝決定戦があったときにね、髷を結い直して最後に何をしたかというと、腰割りをしっかりしたんです。本当の大勝負に挑む前に行うくらい信じていたのが、自分の腰割りでした。10代の3人はまだできませんが、軸が立って丹田にパワーが集まってくると、土台がしっかりしてくるので、基本にはこだわりをもってやっています」

    ※続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukasaki/20211006-00261625/
    写真:毎日新聞/アフロ
    no title

    【「弟子との出会いは運命です」元横綱・稀勢の里の荒磯親方が語る指導論】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/07/22(木) 05:49:15.42 ID:2C7N3rFh0
    対白鵬勝利数は日馬富士に次ぐ2位
    幕内714勝(歴代7位)
    幕内優勝2回 白鵬優勝場所での準優勝8回、日馬富士優勝場所での準優勝3回
    2016年は白鵬の10年連続最多勝を阻止する最多勝達成、日本人力士の最多勝は18年ぶりだった
    普段から酒を飲まず場所中は酒は一滴も口にしなかった

    【【朗報】稀勢の里さん、再評価が止まらない】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/08/01(日) 22:21:03.35 ID:CAP_USER9
    8月1日付で田子ノ浦部屋から独立して、出身地の茨城県内に43番目の部屋となる荒磯部屋を設立した荒磯親方(35=元横綱稀勢の里)が同日午後、報道陣のリモート取材に応じ、門出の思いなどを語った。

    田子ノ浦部屋から力士4人と幕下行司の木村隆之助を伴っての部屋設立に「いよいよ始まる、という感じです。大事なお子さんを預かって責任感もあるし、やりがいもある」と、師匠として初日を迎えた心境を明かした。コロナ禍にあり一門の関取衆が集まったり、地元のファンに見てもらうなど通常の華やかな部屋開きとはならなかった。
    この日の初稽古も「いつも大勢でやっていたのが(この日は)3、4人。違和感はあった」と話し、地元ファンにも「今はなかなか(稽古も)見せられなくて、つらい思いはある」としながらも、そこは前向きな姿勢を忘れず横綱まで上り詰めた荒磯親方のこと。基礎運動中心で胸も出したことに「初日から、良い稽古ができました」と振り返り、相撲を取る稽古を回避していたはずが、気合が入るあまり高校相撲出身の力士とは思わず「三番稽古をした」というほど熱も入った。
    それでも「自分ではなく荒磯部屋の力士が目立つのが理想。今は(目立っているのは)自分だけど、自分の存在が分からなくなるぐらいになって(番付を上げて)ほしい」と先を見据えた。

    荒磯部屋は、親方の出身地である茨城・牛久市に隣接する阿見町に、来年夏前後の完成を目指して準備中で、約1700坪の広大な敷地に部屋を構える。この日、開設した部屋は、同県つくばみらい市にある仮の部屋で生活し、稽古場は筑波大にある柔道部などが入っている武道館に間借りする形で設置された。「来年(阿見町に)完成するまで使わせていただきますが、稽古場もすごく良くて、いい環境でやらせていただき、若手もノビノビと稽古できる。
    あとは自分の指導力が問われプレッシャーになりますが、環境はいい」と現状でも満足いく稽古場。当面は「15歳にケガをさせないような体を作るという責任感がある。(力士)本人たちは面白くない稽古だろうけど、今はとにかく焦らず体を鍛える。9割5分は体作り」と徹底して基礎作りに注力する。そのため、荒磯部屋として船出となる大相撲秋場所(9月12日、両国国技館)も「正直、あまり結果は求めない」という。

    筑波大との連携についても言及。横綱まで上り詰めても「体の使い方とか呼吸の仕方とか、科学的に見るとまだ分からないことがある」と話し、自分の経験則に照らし合わせても「立ち会いにしても、まだ物足りないものがあって(感覚的に)20%も出てない。自分の確信に変えられるように」と、動作解析や運動力学など科学的な知見も近々、関係者との顔合わせで徐々に取り入れるつもりだ。

    師匠として長い道のりの第1歩を踏んだ荒磯親方。
    「強くなってほしいし、人間的にも成長して、みんなが憧れるような力士になってほしい」と精神的な成長も若い力士に求めた。

    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202108010000496.html

    no title

    荒磯部屋の初稽古で記念撮影を行う荒磯親方(後列左)と弟子(日本相撲協会提供)

    [2021年8月1日15時35分 日刊スポーツ]

    【荒磯部屋が部屋開き 1日付で正式に独立 荒磯親方(元横綱・稀勢の里)「いよいよ始まる」】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/05/27(木) 16:58:17.43 ID:CAP_USER9
     日本相撲協会は27日、理事会を開き、田子ノ浦部屋付きの荒磯親方(34)=元横綱稀勢の里=が8月1日付で独立することを承認した。部屋は出身の茨城県牛久市に設立。師匠として4人の弟子とともに出発する。
     荒磯親方は2002年春場所、初土俵を踏み、2004年九州場所で新入幕。2017年初場所、悲願の初優勝を果たし、場所後に第72代横綱昇進を果たした。日本出身では若乃花以来、19年ぶりの新横綱誕生で空前の“稀勢の里ブーム”を巻き起こした。

     2017年春場所で2場所連続優勝したが、左上腕部を負傷。致命傷となり、横綱ワースト8場所連続休場となった。復活は果たせず、2019年初場所、引退した。

     引退後は部屋付き親方として弟弟子の関脇高安(30)らを指導。スカウト活動も行い、親方自らがカウントした西原(報徳学園出身)ら3人の新弟子が先場所、序ノ口でデビューした。


    2021/05/27
    https://www.daily.co.jp/general/2021/05/27/0014363195.shtml

    (C)デイリースポーツ

    【元横綱・稀勢の里の荒磯親方が独立 牛久市に部屋設立 4人の弟子と船出】の続きを読む

    このページのトップヘ