すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    炎鵬

    IMG_0441
    【【秋場所6勝9敗】炎鵬 応援スレッドの反応まとめ】の続きを読む

    IMG_0441
    【炎鵬の負けパターンが定着してきた件】の続きを読む

    IMG_1741
    1: すもにゅ~ 2020/07/27(月) 18:05:17.50 ID:CAP_USER9
              東    決まり手    西
    大奄美  (4勝5敗) ●   突き出し . ○ 琴勇輝  (3勝6敗)
    高安    (5勝4敗) ○ 引き落とし ● 千代丸  (2勝7敗)
    錦木    (3勝6敗) ○  寄り倒し. ● 松鳳山  (2勝7敗)
    佐田の海(4勝5敗) ●  寄り切り. ○ 照ノ富士 (8勝1敗)
    志摩ノ海 (2勝7敗) ●  寄り切り. ○ 若隆景  (5勝4敗)
    琴恵光  (6勝3敗) ●  叩き込み. ○ 妙義龍  (7勝2敗)
    琴勝峰  (7勝2敗) ○ 突き落とし ● 勢      (2勝7敗)
    玉鷲    (6勝3敗) ●  寄り切り. ○ 琴奨菊  (7勝2敗)
    石浦    (3勝6敗) ●  寄り切り. ○ 栃ノ心   (6勝3敗)
    照強    (5勝4敗) ○  押し出し. ● 魁聖    (3勝6敗)
    千代大龍(4勝5敗) ○   突き出し . ● 竜電    (3勝6敗)
    宝富士  (3勝6敗) ● 突き落とし ○ 徳勝龍  (5勝4敗)
    阿武咲  (0勝9敗) ●  押し出し. ○ 豊山    (1勝8敗)
    遠藤    (3勝6敗) ○  押し出し. ● 隆の勝  (5勝4敗)
    大栄翔  (5勝4敗) ● 突き落とし ○ 北勝富士(6勝3敗)
    霧馬山  (4勝5敗) ○  寄り切り. ● 御嶽海  (7勝2敗)
    正代    (8勝1敗) ○  押し出し. ● 輝      (3勝6敗)
    隠岐の海(4勝5敗) ● .上手投げ. ○ 朝乃山  (9勝0敗)
    貴景勝  (6勝3敗) ○   突き倒し . ● 炎鵬    (4勝5敗)
    白鵬    (9勝0敗) ○  叩き込み. ● 碧山    (3勝6敗)

    全勝:白鵬、朝乃山
    1敗. :正代、照ノ富士
    十両2敗:若元春、水戸龍

    今日の中入り後の結果/
    http://www.sumo.or.jp/ResultData/torikumi/1/9/

        明日の横綱・大関戦
    大関  貴景勝 -  碧山   前四
    関脇  御嶽海 - 朝乃山  大関
    横綱   白鵬  -北勝富士 前五

    【【七月場所】九日目の取組結果と感想【白鵬、朝乃山が全勝キープ】】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2020/07/24(金) 02:42:12.95 ID:CAP_USER9 BE:419135664-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    7/23(木) 23:22配信
    中日スポーツ
    ◇23日 大相撲7月場所5日目(東京・両国国技館)

    炎鵬

     高安と照ノ富士、元大関同士の対戦は思いのほか見応えのある相撲であった。両力士は右四つが十分。これは予想外の展開である。互いに上手が取れずに動きが止まった。若くて体の大きい照ノ富士が有利と見られたが、自分から攻める気配がない。高安の方が積極的に左からしぼり待望の上手を引くとガブるように寄り切った。照ノ富士だが、この一番を見る限りかなりヒザを気にしているのが分かる。まだ本調子には程遠い相撲である。まあ仕方のないことだ。とにかく無謀な取口だけはしないことである。高安は昨日は若手に翻弄(ほんろう)されて面目を失ったが、今日は意地を見せた一番であった。

     その元大関を翻弄した琴勝峰が今日も大ベテランで怖い顔の松鳳山を破り5連勝。立ち合いから松鳳山の激しい攻めに土俵際まで追い込まれたが、柔らかい腰に物を言わせ小手投げで体を入れ替えて逆転した。勘の良さが光った一番である。

     この若さで何でも出来る力士はそうはいない。前にも出られるし、下がっても足元が乱れることもない。器用というより天分としか言いようがない。いったいどれだけ強くなるのか予想もつかない。願わくば今の体重をキープしてもらいたい。大きいとはいってもまだ少年の体である。稽古を重ねて大人の体になった時はとてつもない力士になるだろう。

     ところで私のひいき力士の炎鵬はどうも元気がない。体が小さくなったようだ。特に首が細くなったのが気になる。相撲内容も淡泊だ。今日の相撲は完全に立ち遅れである。あの場合は遠慮しないで、大きな声で待ったをするべきだ。もっと飯を食って体重を戻せ。卵かけご飯ばかりじゃ力が付かない。肉を食え肉を。このじじいの俺でも3日に一度は肉を食っている。まだ500グラムはいけるぞ。

     私が優勝予想に挙げた御嶽海が遠藤を一気に押し出して全勝を守った。持ち前の図太さが自信となってくると、白鵬と朝乃山も油断はできない。もっとも朝乃山と白鵬の5日目の相撲を見ると、油断するようなことは考えられない。

     朝乃山は伏兵霧馬山に大苦戦したが、じっと我慢して勝機をうかがった。霧馬山の一瞬の巻き替えるところを逃さずに寄り切った。白鵬はどんどん調子を上げてきたようだ。相手の低い当たりに白鵬は、十分過ぎるほどヒザを曲げ腰を落として踏み込んだ。相当気合が入った立ち合いである。白鵬の頭の中には優勝の2文字しかないに違いない。今場所は高いレベルの優勝争いになることは十分予想できる。楽しみである。

     それでは原稿を送って食事にしよう。丁度すしの差し入れが来たのでそれを頂こうか。ありがたい。(元横綱)

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c955fde4d9fdd66f4cceee9b3a9ef0b0f6a0011

    【北の富士「元気のない炎鵬…肉を食え肉を!」www】の続きを読む

    20200707s00005000451000p_thum
    1: すもにゅ~ 2020/07/08(水) 16:30:53.45 ID:TXjws6qN9
    大相撲の人気力士、東前頭6枚目の炎鵬(25=宮城野部屋)が昭和の名大関・貴ノ花を参考にして7月場所(19日初日、両国国技館)に臨む。
    7日は電話での代表取材に応じ、しばしば過去の力士の映像を見ていることを明かした。
    「相撲を取れない期間が長かったので、相撲を動画とかで勉強して、それをイメージしたことを稽古で出してみるという感じです」と説明した。

    特に印象に残ったのが横綱・貴乃花、若乃花の父である貴ノ花だ。
    「取り口は全然違うが、足腰が生命線なので足腰の強さを見習うところはある。独学なので正解が分からないが、まねしてやってみたりしている」。
    稽古場では下半身に意識を置き、立ち合いの足の形、組んだ時の足の幅など「いろいろ試しながらやっている」という。
    相撲を取る稽古は2~3週間前に再開した。兄弟子の白鵬にはほとんど胸を出してもらっていないが、トレーニングでは「自分を追い込んで奮い立たせろ」と言葉を掛けられ「気持ちの部分で凄く鍛えていただいています」と感謝した。

    夏場所が中止となったことで、首などの負傷箇所への不安もなくなった。「ほぼほぼよくなってきた。あとはそれをどう自信につなげていくか」。

    七夕の短冊には「何事もないように」と記した。1メートル69、96キロの小兵は持ち前の運動神経に足腰の強さも加え、さらなる成長を目指す。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/07/08/kiji/20200708s00005000011000c.html
    引用元:スポニチ

    【炎鵬、相撲の取れない期間は「貴ノ花のまねをしていた」動画を見てイメージ】の続きを読む

    このページのトップヘ