すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    時津風

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/01/27(水) 06:26:54.76 ID:CAP_USER9
    大相撲の時津風親方(47=元前頭時津海)が初場所中、日本相撲協会作成の新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反したことが26日、分かった。

    関係者によると、同親方はマージャン店のほか歓楽街に出向いていたという。協会は近日中に理事会を開き、処分を決める方針。同親方は昨年9月にもゴルフコンペに参加していたことが判明して2階級降格処分を受けており、違反は2度目になる。解雇を含めた厳罰は避けられない見通しだ。

       ◇   ◇   ◇

    大栄翔の初優勝などで初場所が盛り上がった直後、水を差すような行為が判明した。時津風親方が本場所中にもかかわらず複数回、雀荘でマージャンに興じていたことが分かった。また、マージャンだけでなく、歓楽街にも繰り出していた。関係者によれば、同親方は今場所に限らず、雀荘に出入りしていたという。

    日本相撲協会は、新型コロナウイルス感染拡大を予防するためのガイドラインを作成し、力士、親方らに不要不急の外出を禁じている。初場所前に協会員878人全員がPCR検査を受け、力士5人が陽性となった。このほか直近で力士らの感染が判明した計5部屋に所属する親方や力士らの全休を決定。力士65人が休場して、初場所を実施した。

    多くの協会員は、感染予防を徹底しながら15日間を過ごした。その結果、出場した力士らに感染者は1人も出ず、無事に完走。八角理事長(元横綱北勝海)は観客に感謝しつつ「外出できない中、力士も行司も呼出も床山も、そして親方衆も、その家族もよく頑張ってくれた。医療従事者にも感謝」と話したばかりだった。

    時津風親方は昨年9月、友人に誘われて宮城県に旅行し、ゴルフコンペに参加。さらに、密状態ながら居酒屋にて会食していた。これが発覚して秋場所を謹慎し、場所後に「委員」から「年寄」への2階級降格処分を科された。出直しを期したはずが、違反を繰り返す事態になった。

    手本を示すはずの親方の2度目の行為に対してあきれる親方は多く「クビは避けられないでしょう」と指摘する声もある。時津風部屋は今場所、正代が優勝争いに加わり、弓取りの幕下将豊竜が新十両に迫るなど、最後まで出場した15人中12人が勝ち越し。同じ屋根の下に暮らす親方の行為は、彼らの頑張りを台なしにしかねなかった。千秋楽からわずか数日、熱戦の余韻が消えていく。

    ◆時津風正博(ときつかぜ・まさひろ)本名は坂本正博。元前頭時津海で、最高位は東前頭3枚目。1973年(昭48)11月8日、長崎県五島市生まれ。東農大を卒業後、96年春で幕下付け出しデビュー。翌97年夏場所で新十両。98年秋場所新入幕。通算466勝485敗43休、幕内通算322勝385敗43休。07年10月に現役引退し、時津風部屋を継承。昨年9月、日本相撲協会のガイドライン違反で秋場所を謹慎。委員から年寄に2階級降格処分を受けていた。

    ◆時津風部屋 1941年(昭16)10月に、不滅の69連勝を記録した横綱双葉山が立浪部屋から独立し「双葉山道場」を設立。45年11月の引退後に年寄時津風を襲名した。68年12月の死去後は一時、立田川(元横綱鏡里)が引き継ぎ、69年2月に元大関豊山が継承。98年には理事長に就任。02年8月、元大関豊山の定年に伴い元小結双津竜が継承。07年10月、新弟子死亡問題から先代時津風親方が日本相撲協会を解雇。前頭の時津海が現役を引退して名跡と部屋を継承した。横綱鏡里や大内山、北葉山、豊山の3大関を輩出した名門。昨年は秋場所で優勝した正代が大関に昇進したばかりだった。

    ◆日本協会のコロナ対策ガイドライン 「日常生活における感染予防」の項目の1つに「外出の自粛」がある。「不要不急の外出を自粛する。近隣以外への緊急な外出や必要な外出は、師匠が協会に相談した上で行う」と書かれている。また「協会員の移動」の項目の中にも「基本的に外出禁止とし、不要不急の外出をしない」「人との接触の機会を減らす」とある。なお外出する場合は「マスクを着用し『いつ、だれと、どこに』を明確にし、師匠に報告する」と明記している。

    ◆今後どうなる まずは日本相撲協会のコンプライアンス委員会(青柳隆三委員長=弁護士)が事実関係を調査する。時津風親方には弁明の機会も与えられる。コンプラ委は検討した処分案を日本相撲協会理事会に答申。これを受けて理事会が処分を決める。協会員への処分は軽い順にけん責、報酬減額、出場停止、業務停止(協会事業への従事を停止)、降格、引退勧告、解雇の7項目。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/35d311616d400f5c897715f2c0a645177d0cb24c
    1/27(水) 4:00配信

    【時津風親方また違反で解雇も 場所中にマージャン店】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2020/10/02(金) 08:52:05.45 ID:CAP_USER9 BE:998723117-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    10/2(金) 8:00配信
    スポーツ報知

    時津風親方

     日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で理事会を開き、秋場所前の新型コロナ感染対策ガイドラインに違反した時津風部屋の師匠・時津風親方(元幕内・時津海)を委員から年寄への2階級降格、二所ノ関部屋付きの松ケ根親方(元幕内・玉力道)をけん責とする懲戒処分を決定した。コンプライアンス委員会が両者から事情聴取し、協会に処分意見を答申していた。

     時津風親方は、本場所直前の感染対策で外出が原則禁止されていた9月4日に都内から宮城県へ出向き、「3密」状態の居酒屋で友人らと飲食した。翌5日に同県内でゴルフコンペに参加し、同日中に長崎県への帰省目的で福岡市に移動。同8日まで滞在した。

     松ケ根親方は同じく場所前の不要不急の外出禁止期間中、複数回にわたって家族との外食を繰り返した。

     協会は特に、2010年の野球賭博問題などで時津風親方に過去2度の懲戒処分歴があったことを重くみた。師匠としての資質が問われかねない軽率な行動に、芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「非常に(責任が)重い」と語気を強めた。同親方は9月29日に急性すい炎の手術を受け、翌30日の大関・正代の昇進伝達式を欠席。退院後に八角理事長(元横綱・北勝海)から正式に処分を言い渡される。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8710552121d0ea7a771e8ec502579d978c9dc9db

    【時津風親方が2階級降格処分、松ケ根親方はけん責】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2020/09/29(火) 23:10:28.97 ID:CAP_USER9
    9/29(火) 23:04
    デイリースポーツ

    時津風親方が急性膵炎で緊急手術 正代の大関昇進伝達式は欠席へ
    時津風親方
     日本相撲協会は29日、時津風親方(46)=元幕内時津海=が急性膵炎(すいえん)のため同日夜に緊急手術を受けると発表した。同日朝から吐き気があり、病院で診断された。

     師匠として参加予定だった30日に行われる関脇正代の大関昇進伝達式は急きょ、欠席。師匠代理として部屋付きの枝川親方(元幕内蒼樹山)と時津風親方のおかみさんが出席することとなった。

     時津風親方は場所前、新型コロナウイルス感染防止のガイドライン違反により、秋場所を謹慎。部屋として57年ぶり大関誕生と、晴れの舞台ということもあり、伝達式には出席が許可されていた。

    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/0d3ca782255000750d28688068a01e61013f6ff5

    【【悲報】時津風親方が急性膵炎で緊急手術 正代の大関昇進伝達式は欠席へ】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2020/09/16(水) 15:37:59.52 ID:qfE8R8C/0
    師匠の時津風親方(元幕内時津海)が不要不急の外出を禁止した新型コロナウイルスの対応ガイドラインに違反し、他県を訪れゴルフをしていたことが発覚。
    場所直前の11日に日本相撲協会から秋場所を謹慎とされた。そんな部屋の空気を一変させる滑り出しだ。

     部屋頭は、連帯感を高めるムードメーカーでもある。アニメ好きの正代は場所前、人類最後の秘境と呼ばれる巨大な縦穴を舞台にした「メイドインアビス」を見て感動。
    少女とロボットの少年が主人公のファンタジーに「泣きました。部屋の力士にも強制的に見せた。みんな、ぼくが泣いたところで泣いていた」。

    【正代さん、部屋の若い衆に「メイドインアビス」を強制的に見せるwwww】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2020/09/11(金) 21:11:16.51 ID:cXMlPBRJ0 BE:292723191-PLT(19081)
    sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
    日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は11日、時津風親方(元前頭時津海)が協会作成の新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに基づく行動に違反したとして、
    秋場所(13日初日、東京・両国国技館)を休場、謹慎させることを明かした。
    時津風部屋の師匠代行は枝川親方(元前頭蒼樹山)が務めるという。

    違反行動の詳細については明かさなかったが、同広報部長は
    「要するに外出といっても協会が決めている。場所が終わってからここまで知人との会食はいいですよとか、ゴルフ行ってもいいですよとか、映画いっていいですよとか決めごとがあったと思う。そういった中で違反行為があった」
    と大枠を説明した。
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202009110000651.html
    no title

    no title

    【時津風親方、秋場所休場の謹慎処分 コロナ感染対策ガイドラインに違反】の続きを読む

    このページのトップヘ