すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    勝南桜

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/08/26(木) 06:39:04.24 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ2021年8月26日5時0分
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202108250000576.html

    大相撲の連敗記録を持つ序ノ口の勝南桜(しょうなんざくら、23=式秀)が7月の名古屋場所を最後に引退したことが25日、分かった。今月7日に茨城・龍ケ崎市の部屋で断髪式を行い、引退届も提出済み。先場所更新した自身が持つ連敗記録「104」を止められず、土俵に別れを告げる。

    引退は本人から申し出た。電話取材に応じた師匠の式秀親方(元前頭北桜)によると、7月場所直後に相談を受けたという。「『体力の限界』『引退をしたい』と。私としてはまだまだ頑張ってほしかったが、彼の気持ちを受け止めた」と、弟子の決断を尊重した。

    15年秋場所の初土俵から通算3勝238敗と白星は重ねられなかったが、師匠はその過程を評価する。「負けても負けても挑戦していったことに彼のいいところがあるし、素晴らしさだと思う。土俵では連敗記録が目立ったかもしれないが、稽古場で朝一番早く土俵に降りてきて、一生懸命稽古して、掃除やちゃんこ番、あいさつ、礼儀を彼なりに頑張ってきた」と強調。現在は神奈川の実家に戻っており、第2の人生に向けて準備を進めているという。師匠は「まだ若いのでね。まずは実家で体を休めて、焦らず頑張ってほしい」とエールを送った。

    ◆勝南桜聡太(しょうなんざくら・そうた)本名・服部祥多。1998年7月16日、神奈川県茅ケ崎市生まれ。「服部桜祥多」のしこ名で15年秋場所で初土俵。21年初場所で「服部桜太志(ふとし)」から「勝南桜聡太」に改名。下の名前は将棋の藤井聡太二冠にあやかった。更新中だった連敗記録「104」は19年初場所の6番相撲から始まった。自己最高位は東序ノ口9枚目。身長180センチ、体重90キロ。得意は右四つ、寄り。

    【104連敗の勝南桜が引退、通算3勝238敗】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/07/17(土) 10:52:55.05 ID:CAP_USER9
    23歳の誕生日も白星で飾れなかったーー。

    大相撲7月場所13日目の7月16日。西序ノ口24枚目・勝南桜(23、しょうなんざくら)は、同18枚目・御船山に立ち合いで踏み込まれると、そのままなす術もなく後退。土俵をわった。これで19年初場所から続く連敗記録は、大相撲ワーストを更新し104に……。通算3勝238敗1休で、34場所連続の負け越しとなった(成績は7月16日現在)。

    「よっぽど悔しかったんでしょう。14場所連続の全敗ですからね。取組後、勝南桜はリモート取材に応じず会場(名古屋市のドルフィンアリーナ)を後にしました」(相撲協会関係者)

    今場所の主役は、進退をかける横綱・白鵬と3場所連続の優勝をめざす大関・照ノ富士だろう。だが、下位でも注目の力士がいる。連敗記録更新中の勝南桜だ。とにかく勝てない。来る日も来る日も、負け、負け、負け……。身長180cmながら体重86kgと、他の力士と比べると圧倒的に細い。

    「勝南桜は小学生の時からの相撲好き。親に両国国技館(東京都墨田区)に連れてもらった際には、現師匠の式秀親方(元前頭・北桜)と記念撮影をしました。中学時代は陸上部でしたが、下半身強化のために四股を踏んだりすり足をしているうちに、力士になりたいと思うようになったとか。中学卒業と同時に単身で茨城県龍ケ崎市の式秀部屋を訪れ、入門を直訴したんです。

    親方は細身の勝南桜を見て力士に向かないと感じ、『呼び出しや行司になれば』と勧めます。勝南桜は『絶対に力士になります』と譲りません。新弟子検査の基準は67kg。当時66kgしかなかった勝南桜は、2リットルのペットボトルの水を一気に飲み、なんとか合格したそうです」(スポーツ紙担当記者)

    土俵に上がると目が泳ぎ……
    角界入りへの情熱は人一倍強かった。だが勝南桜には、身体の細さ以上に力士として致命的な欠点が。相手が当たりの強いタイプだと、とたんに弱気になるのだ。16年9月場所には、こんな取組があった。挑んだのは、185cm、130kgの巨漢力士・錦城(当時)だ――。

    土俵に上がった勝南桜(当時のしこ名は服部桜)の様子は、明らかにおかしい。キョロキョロと視線が泳ぎ、しきりに肩や脚をさする。

    「見合って!」

    行司が声をかけた直後のこと。勝南桜は錦城にぶつかる直前に、自ら両手を土俵にペタッ。行司が仕切り直しをうながすと、今度は立ち合い直後に前方へダイブ! 3度目の立ち合い後には、後方にお尻をドスン! 4度目にようやく組み合ったが、されるがままにあっさり引き落とされた。

    「勝南桜は取組前から、怯えていました。支度部屋では顔が真っ青。とても勝てないと考え、わざと負けるような無気力な相撲をとったのでしょう。取組後、本人は『恐かった……』と漏らしていましたから」(同前)

    相撲協会は、この取組を問題視。二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津、当時)は、式秀親方を「厳しく指導しろ」と厳重注意した。式秀親方は、こう言って勝南桜を叱る。

    「ぶつかっていかないのは、見ているお客さんに失礼だ。自分の弱さを出すな。ああいう相撲を取ったら、休場させるぞ!」

    勝南桜は「二度と同じことはしません」と反省。涙を見せたという。

    「師匠の叱責で、自分の行動を恥ずかしく思ったのでしょう。それからです。勝南桜が逃げなくなったのは。入門当初は、腕立て伏せが1回もできませんでした。今は10回を10セットもできる。稽古に熱が入っていますよ。

    気持ちも前向きなりました。式秀部屋では年始に、各力士の目標をツイッターにアップするのですが、勝南桜は以下の通り。17年『とかく勝つ』、18年『年間十勝』、19年『前進』です。新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれた20年は、報道陣に『勝ち越したい』と力強く語っています」(同前)

    しこ名の下の名前「聡太」は、将棋の藤井聡太二冠にあやかり今年初場所前に改名した。強い気持ちがあれば、勝南桜が目標の「勝ち越し」を達成できる日も近いだろう。

    2021年7月17日 10時0分 FRIDAYデジタル
    https://news.livedoor.com/article/detail/20546359/
    no title

    【無気力と協会が批判も…104連敗!序ノ口・勝南桜の意外な目標】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/07/10(土) 10:30:28.81 ID:GC7K4b4N0● BE:773723605-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/2mona22.gif
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fd9301275c2166b3eedbf75eda21486fb49ef9a

    <大相撲名古屋場所>7日目◇10日◇ドルフィンズアリーナ=愛知県体育館

    西序ノ口24枚目・勝南桜(しょうなんざくら、22=式秀)の連敗が「100」となった。
    東19枚目の京の里(24=伊勢ノ海)に寄り切られ、今場所も1番相撲から3連敗となった。

    19年初場所の6番相撲から自身の連敗記録を更新しており、ついに3桁に到達した。

    1月の初場所では場所前に入門時からのしこ名だった「服部桜」を「勝南桜」に改名。
    心機一転で必死に臨んでいるが、白星に結びつかない。

    取組後の取材対応はなかった。


    朝翔(右)に押し出しで敗れる勝南桜朝翔(右)に押し出しで敗れる勝南桜
    no title

    【序ノ口・勝南桜が100連敗】の続きを読む

    no title
    【夏場所新番付、珍事2連発】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 21/04/22(木)22:26:11 ID:2Pmt

    【例の最弱力士、まだ辞めてなくて草】の続きを読む

    このページのトップヘ