すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    琴奨菊

    no title
    【引退した琴奨菊の思い出】の続きを読む

    no title
    【【引退】琴奨菊 応援スレッドの反応まとめ【秀ノ山襲名】】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2020/11/15(日) 15:05:08.43 ID:CAP_USER9
    11/15(日) 14:52
    スポーツ報知

    琴奨菊が引退会見 晴れやかな表情とともに涙も 「まだできるなら、相撲を取りたいというのが本音」
    引退会見を行った琴奨菊
    ◆大相撲11月場所8日目(15日、東京・両国国技館)

     大相撲の元大関・琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽=が15日、東京・両国国技館で会見を行い、現役引退と年寄「秀ノ山」の襲名を発表した。2002年初場所の初土俵から、19年に渡った現役生活。「できることは全て、土俵においてきたつもりです」と、すがすがしい表情で語った。

     今場所は、秋場所で左ふくらはぎを負傷した影響もあり、15年以上守ってきた幕内から降下していた。6日目(13日)まで1勝5敗で、7日目(14日)から休場。6日目の取組がが現役最後の一番となったが「実は前日に、師匠に引退のことを考えていると伝えた。師匠からはまだできるんじゃないかということだったので頑張ってみたんですけど、(6日目の)朝起きてみたらやはり体が言うことをきかなかった。両国国技館に行く車の中で、勝っても負けても最後にしますという言葉を師匠に伝えました」と明かした。

     現役時代は、力強いがぶり寄りを武器に大関在位は32場所。2016年の初優勝は、日本出身力士としては10年ぶりの快挙だった。思い出の一番を問われると、目に涙を浮かべながら「自分が思い出すのは、幕下の時とか小さい時に、厳しく胸を出してくれた兄弟子とか…。やっぱり師匠の思いとか、ライバルの存在が一番なので、どの対戦もどれがと言われたら…。土俵で白星挙げた時にはみんながよろこんでくれて、それがうれしかった。思い出の一番は全てです」と語った。

     引退した現在の気持ちについては「まだ慣れてなくて、朝稽古場に行くとみんなが普段通りにしていることが、うらやましいです」。6日目の取組前には、約3年間封印していた代名詞「琴バウアー」を解禁していた。現役最後の一番を振り返り「何とも言えないんですけど。まだ、できるならば、相撲が取りたいっていうのが本音です」と率直な思いを明かした。

     今後は佐渡ケ嶽部屋付きの親方として、後進の指導にあたる。琴奨菊は「力士は番付社会ですけど、どんな時も壁にぶつかり、その壁の先を知らずに苦しむ子がいると思うんですけど。自分が経験した中で勇気をあげて、先の光景を見せられるような指導をしていきたいと思います」と、晴れやかな表情で話した。

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201115-11150117-sph-000-3-view.jpg?w=640&h=453&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/beab8bd2c55cbd44a78657a015c77b240b5caa90

    【琴奨菊が引退会見「まだできるなら、相撲を取りたいというのが本音」】の続きを読む

    202002280000810-w500_0
    1: すもにゅ~ 2020/11/14(土) 09:40:00.09 ID:CAP_USER9
    元大関の十両琴奨菊が引退、今日にも正式発表
    日刊スポーツ2020年11月14日9時27分
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202011140000194.html

    <大相撲11月場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

    大関経験者の十両琴奨菊(36=佐渡ケ嶽)が、引退を決意したことが14日、分かった。

    11月場所7日目の14日にも引退届を提出し、正式発表する。今場所はここまで1勝5敗だった。

    【元・大関の琴奨菊が引退を決意 今日にも正式発表】の続きを読む

    202002280000810-w500_0
    1: すもにゅ~ 2020/10/20(火) 17:33:51.46 ID:CAP_USER9
     大相撲の元大関で11月場所(11月8日初日・両国国技館)は十両転落が確実となっている琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が20日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で代表取材に応じ「勝てば幕内に上がれる。自分の中で可能性を感じるからやっている。やり残しなく、納得して終わりたい」と現役続行を明言した。

     この日の稽古では四股のほか、ぶつかり稽古で胸を出した。先場所負傷した左ふくらはぎの回復度は9割程度と説明し、今週中にも相撲を取る稽古を始めるという。

     関取最年長の琴奨菊は西前頭11枚目の先場所で途中休場。再出場したが2勝止まりに終わった。

    https://this.kiji.is/691202014843028577?c=39550187727945729

    【36歳の琴奨菊「勝てば幕内に上がれる、やり残しなく終わりたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ