すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    2022年07月

    1: すもにゅ~ 2022/07/30(土) 20:20:13.46 ID:CAP_USER9
    大相撲の元小結臥牙丸のティムラズ・ジュゲリ氏が30日、都内で断髪式を行った。

    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ようやくの開催。「第2の人生では自分らしく人を喜ばせることをしたい。相撲をたくさん広めたい」などと笑顔で話した。

    ジョージアから来日し、05年九州場所で初土俵を踏んだ。20年11月場所中に現役引退後は日本相撲協会には残らず、YouTuberとして活動するなどしてきた。この日の断髪式では約170人が参加。師匠だった木瀬親方(元前頭肥後ノ海)や同郷で平幕の栃ノ心らは新型コロナ関連で会場に足を運べなかったものの、元横綱白鵬の宮城野親方など現役時代から親交のあった協会員ら数人も駆けつけてくれた。「来ていただいた方には本当に感謝している。横綱にも来てもらって本当にありがたい」としみじみとした。

    記念すべき断髪式の日に、現役時代から交際していた一般女性と結婚したことを発表した。「昔、ご両親と国技館に来たことがあった、その時に写真を撮ってかわいい子だなと。食事に行くようになって仲良くなって1年ぐらいして付き合った」となれ初めを告白。15年から交際を開始し、現役中はタイミングがなく、そして引退後は新型コロナに振り回された。結婚の時期を見失ったが「今日の朝に」と第2の人生への出発の日に婚姻届を都内の区役所に提出したという。

    入門から17年付き合ったまげと別れたことについては「今日帰ったら頭を洗える。一般の人みたいに毎日頭を洗うのはどういう感覚なんだろう」と寂しさはなく、むしろわくわく感を口にした。また、今後は散髪をする必要があるため「床屋にどれぐらいのペースで行けばいいのか分からない。日本で唯一、行ったことがないのは床屋ぐらいだから」と冗談めかして報道陣を笑わせた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6fcc2a0e1d2b07ed3143cd9e1bd25b1f77dcb503

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202207300000797.html
    no title

    【元小結・臥牙丸が断髪式、日本人女性との結婚も発表 引退から始めた減量で体重は220キロから130キロに】の続きを読む

    【最近の朝青龍は朝乃山にゾッコンやな】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2022/07/28(木) 15:55:56.82 ID:CAP_USER9
     日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で理事会を開催し同日付で元横綱・白鵬の間垣親方が宮城野部屋を継承したと発表した。
    8月21日で65歳となり、相撲協会の定年を迎える前師匠(元幕内・竹葉山)と名跡を交換する。

     理事会では昨年の学生横綱で日大出身の川副圭太(23=宮城野部屋)の幕下15枚目格付け出しの資格を承認した。

    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/07/28/kiji/20220728s00005000371000c.html
    スポニチアネックス

    【元横綱・白鵬が宮城野部屋を継承 相撲協会理事会で承認 前師匠・宮城野親方と名跡交換】の続きを読む

    no title
    【【速報】元横綱・白鵬が宮城野部屋を継承】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2022/07/27(水) 23:02:05.76 ID:CAP_USER9
    日本相撲協会は27日、東京・両国国技館で大相撲秋場所(9月11日初日、両国国技館)の番付編成会議を開き、カザフスタン出身では初の関取誕生となる金峰山(25=木瀬)と、菅野改め栃武蔵(23==春日野)の新十両昇進を決めた。また貴健斗(26=常盤山)の2場所ぶりの再十両も決まった。
    さきの名古屋場所で西幕下筆頭の金峰山は、7番相撲で吉井(18=時津風)に敗れ幕下優勝こそ逃したものの、6勝1敗の好成績を収めた。また西2枚目の菅野改め栃武蔵は5勝2敗、東幕下筆頭の貴健斗は4勝3敗だった。

    カザフスタン出身の金峰山は昨年11月の九州場所で、日大時代の実績(学生選手権ベスト4)から三段目最下位(100枚目)格付け出しで初土俵を踏み、いきなり7戦全勝優勝。191センチ、165キロの恵まれた体を生かし、翌場所の幕下入り後も5勝2敗、7戦全勝優勝、5勝2敗と順調に番付を上げ、自己最高位の名古屋場所で関取の座を射止めた。

    師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)の母校でもある和歌山・箕島高から中大に進学した菅野改め栃武蔵も昨年3月の春場所で、学生時代の実績から三段目最下位(100枚目)格付け出しで初土俵を踏み、6場所連続勝ち越し。
    自己最高位の東幕下2枚目で臨んだ今年3月の春場所こそ3勝4敗と初めて負け越したが、2場所連続5勝2敗の好成績で、関取の座を射止めた。

    no title

    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202207270000276.html
    日刊スポーツ

    【カザフスタン出身初の関取誕生 金峰山が新十両に 191センチ、165キロ】の続きを読む

    このページのトップヘ