すもにゅ~

大相撲ファンによる大相撲の2ちゃんねるまとめです。

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/09/07(火) 13:14:35.03 ID:mxIJbPbQd
    緊張感ヤバそう

    【【悲報】秋場所は照ノ富士さんが一人横綱という事実】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/09/07(火) 10:40:32.58 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ2021年9月7日8時1分
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202109060000710.html

    大相撲秋場所(12日初日、東京・両国国技館)の新弟子検査が6日、両国国技館で行われ、昨年11月の全国学生選手権を制して幕下15枚目格付け出しの資格を得た日体大出身のプレブスレン・デルゲルバヤル(24=鳴戸)ら5人全員が身長167センチ以上、体重67キロ以上の体格基準を満たした。

    デルゲルバヤルは興行ビザ未取得のため11月の九州場所でデビューする見通しだが、師匠の鳴戸親方(元大関琴欧洲)によるとしこ名は「欧勝馬(おうしょううま)」にすでに決定。デビューに向けて準備は着々と進んでいる。

    「欧」は師匠の現役時代のしこ名で、「勝」も師匠の名前「勝紀」から取った。デルゲルバヤルの出身は多くの遊牧民が暮らすモンゴル。「彼の実家もたくさんの馬を飼っていたと聞いたので」と「馬」の字も入れた。下の名前は「出喜(でき)」。本人のあだ名に字を当てた。デルゲルバヤル本人には新弟子検査直前のこの日に言い伝えたという。

    外国出身者が新弟子検査を受けるためには、相撲部屋での研修が必須。デルゲルバヤルは大学卒業前の昨年12月から鳴戸部屋で研修を開始し、相撲部屋の生活や角界のしきたりを学んできた。稽古も地道に積み重ねてきた一方で、同部屋の力士は本場所で相撲を取っているだけに、師匠は「長く感じますね。学生でもお相撲さんでもなく、中ぶらりんに浮いているので。モチベーション保つのは大変だと思う」と弟子の心中を察した。

    この日の新弟子検査でデルゲルバヤルは身長187センチ、体重150キロを計測した。デビューに向けて今は土台づくりに励む。

    【日体大出身デルゲルバヤル、しこ名「欧勝馬」に決定 九州場所でデビューへ】の続きを読む

    no title
    1: すもにゅ~ 2021/09/06(月) 17:45:22.48 ID:CAP_USER9
    9/6(月) 17:43配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/777980d95dc95637d71f6fede900864fc1213d1b

     日本相撲協会は6日、横綱・白鵬ら宮城野部屋の全力士が大相撲秋場所(12日初日、東京・両国国技館)を休場すると発表した。宮城野部屋では、新十両・北青鵬の新型コロナウイルス感染が判明していた。

     白鵬は進退を懸けて臨んだ7月の名古屋場所で全勝優勝したが、2場所ぶりの全休となる。名古屋場所後に昇進した新横綱の照ノ富士は1人横綱となる。【村社拓信】

    【白鵬ら宮城野部屋の全力士、秋場所を休場 北青鵬他力士1名がコロナ感染】の続きを読む

    IMG_4528
    1: すもにゅ~ 2021/09/03(金) 18:39:07.31 ID:CAP_USER9
    日刊スポーツ2021年9月3日13時36分
    https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202109030000399.html

    大相撲秋場所(12日初日、東京・両国国技館)が初めての上位総当たりとなる西前頭3枚目の琴ノ若(23=佐渡ケ嶽)が、同学年の金メダリストから刺激を受けた。

    3日、千葉・松戸市の部屋で行われた稽古後に報道陣の電話取材に応じ、先月まで開催された東京オリンピック(五輪)に言及。「同年代の活躍が増えてきた。気持ちの面で見習うことが多かった」と振り返った。

    特に印象に残ったのは柔道男子66キロ級で金メダルを獲得した阿部一二三(24=パーク24)。同じ1997年度生まれで、礼節を重んじる面で相撲と柔道は通ずるものがある。阿部と面識はないが「武道の心というか、最後まで浮かれずに、自分らで言うと土俵を下りるまで気を引き締めているというのは、喜びが爆発してしまうこともあると思うので、なかなかできることではないと思う。そういう面では本当にすごいと思いました」と話した。

    西前頭11枚目だった7月の名古屋場所では、自己最多の12勝3敗で敢闘賞を受賞した。祖父は元横綱琴桜、父は師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)というサラブレッド。組んで良し、離れて良しとスケールの大きい相撲で順調に番付を上げている。「上に上がるにつれて簡単に自分の形にならせてくれませんし、稽古をしていて四つだけじゃ上がっていけないなと思って、四つになるための押しだったり、逆四つでも相撲を取れるようにと頭に入れていってますね」と、柔軟な取り口を意識しているという。

    秋場所は初めての上位総当たりで横綱、大関戦も初挑戦となる。「楽しみは楽しみ。自分は思いきっていくだけなので、横綱が相手だからとか、大関が相手だからとかじゃなく、出し切ることが一番重要になってくる」と地に足をつけた。

    秋場所で横綱白鵬との対戦が実現すれば、親子2代での対戦。新十両で参加した19年7月の夏巡業で胸を出してもらったことは、今でも覚えている。「その時はこれが横綱なのかなと肌で感じましたし、やはり地力の差を感じたんですけど、ただ本当にありがたかったです。(巡業)初日から横綱が土俵に上がって新十両に胸を出してくれるなんてことはなかなかないと思うので」と感謝した。「親子で(白鵬と)対決できる可能性があるということで、なかなか経験できることじゃない。師匠(父)が現役の時から上で取っていて、自分が上がった時にまだ取ってるっていうのは本当すごいことだと思う。そこに向かっていけるっていうこともすごく大切だと思うので、楽しみというのがあります」と気持ちを高めた。

    三役も間近で、父の最高位も徐々に視界に入ってきた。残り10日間を切った初日に向けて、この日も部屋の関取衆を相手に相撲を取って調整。「(父の番付に)早く追いつけるように、少しですけど、1つの目標が見えてきたので。そこに向かって、自分の出し切れるもの、やりきれることをやっていけばいいのかなという思いです」と心境を語った。

    【琴ノ若、初の上位総当たり 白鵬と親子2代の対戦も「本当すごい。楽しみ」】の続きを読む

    1: すもにゅ~ 2021/09/01(水) 16:29:40.45 ID:CAP_USER9
     日本相撲協会は1日、新十両北青鵬(19)=宮城野=が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。宮城野部屋には横綱白鵬(36)を始め幕内石浦(31)、十両炎鵬(26)らが所属。秋場所(9月12日初日、両国国技館)まで2週間を切っており、同部屋の力士18人が全員全休の可能性が出てきた。

     電話取材で芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(北青鵬は)本日(1日)、風邪の症状が出たということで検査を受けたところ陽性反応が出ました。(部屋の)他の者に関してはどこまでが濃厚接触者かというのはわかりませんが、北青鵬は部屋にいるので、みんなが濃厚接触者にあたるのではないかと思います」と明かした。部屋関係者は現在、検査を受けており結果は2日に判明する予定。

     今年1月の初場所前には白鵬が感染し、部屋全体に全休措置が取られた。先場所、復活優勝した白鵬は新横綱照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=と3場所ぶり東西横綱として注目だったが、出場へ暗雲。「横綱は(部屋に)行っているのか行っていないのかはわからないが、部屋に行っていればその中に入りますよね」と同部長は話した。

     番付発表後の陽性は慎重に今後を見守る。「初日までに2週間を切っていますので、ウイルスの量だとか症状だとか、今のところはわかりませんので、本場所には間に合わない可能性もある。途中出場は状況によってあるかもしれないけれども、他の者が順次感染していたら非常に厳しい状況にはなる可能性がある。途中出場の可能性は、部屋全体が間違いなく大丈夫ですよ、という先生からの確認が取れないことには、途中出場だって難しい」と見通しを示した。

    https://www.daily.co.jp/general/2021/09/01/0014641920.shtml

    【宮城野部屋・北青鵬がコロナ感染、白鵬含む所属力士全休の可能性も】の続きを読む

    このページのトップヘ